小学生でプログラミング

小学生で始める意義

プログラミングとは何か?
定義を説明する必要はないでしょうが、一つ言えることがあります。
今後の社会を知るのに、必須になりつつあるということです。
私たちの生きる社会が変わる速さは驚くほどのものです。
プログラミングが学校で義務化されるのも間近だという話を聞いたこともあります。
いつの間にか、知らなければ、仕事でまともに会話ができなくなることもあるでしょう。
プログラミングの技術があって、その知識を持ち、その上でクリエイティブな意見を出す。
そういった社会になりつつあります。

つまり、社会のエンジニアに対する需要が異様に高いのです。
プログラミングは難しいものでしょうか?
おそらく、難しいかと尋ねられたら、答えはイエスでしょう。
ですが、限られた人しか習得できないものか、と聞かれたらノーと答えられるでしょう。
どんな勉強も、簡単ではありません。
どのような人でもプログラミングは始めることができます。

プログラマー、エンジニアになることの利点にどんなものがあるのでしょうか?
おそらく、膨大にあります。
まず、この言い方は好きではないのですが、就職に強くなりますよね。
プログラミング言語を習得するというのは、資格を得るということです。
先述したように、これは就職で需要があります。
学歴ではなく、個々の能力を評価する社会に変わりつつある昨今、プログラミングの技術力を高め、その能力で評価されるのは、時代の最先端を走っているということにもなるでしょう。
また、エンジニアは、多くの制約から逃れることができます。
プログラミングは、これからも時代を引っ張っていくのではないでしょうか。

プログラミングを考える

小学生でプログラミングを始める意義はどこにあるのでしょうか? 早すぎはしないかとも思いますよね。 しかし、社会は確実に変わりつつあります。 早すぎるとか、遅いとかの問題ではなくなっているのかもしれませんね。 小学生とプログラミング。 これをテーマに少し考えてみたいと思います。

プログラミング言語

小学生で始める際に、やるべき、やったらいい言語は何でしょうか? そういった言語があったとして、どうしてその言語がオススメなのでしょうか? 小学生には、大人と違った始める理由もあるはずです。 プログラミングの言語について、よく考えてみたいと思います。

小学生が始めるプログラミングと言語と問題

小学生がプログラミングを始めるということ。 言語を選び、楽しくやるのはもちろんとても良いでしょう。 ですが、そこに何らかの問題や気をつける点はないのでしょうか? まとめの意味も込めて、ここで改めて小学生のプログラミングと向き合い、最後の確認としたいと思います。