小学生でプログラミング

小学生が始めるプログラミングと言語と問題

プログラミングを楽しむ

小学生や、子どもたちにとって、勉強を続けていく上で必要なのは、楽しいという感情でしょう。
その点、ビジュアルプログラミング言語は、名称の通り視覚に訴えかけるものが多く、楽しんでやれるでしょうが、それでも無理に強いることはよくありません。
できれば、親御さんも一緒にやってあげるのが良いかもしれません。
ゲームを楽しむことがプログラミング上達の一番のコツでしょう。
それを考えてみると、多くのゲームはもしかすると、教育的なのかもしれませんね。

スクラッチなどビジュアルプログラミング言語は、構文などを知らなくてもできます。
パズルやブロックの入れ替えなどで楽しむことができるわけです。
ぜひ一度調べてみたらどうでしょうか?

頭に入れときたいプログラミングの意義

さて、プログラミングの意義を確認したいです。
資格として役立つでしょう。
小学生には、数学、算数、論理的な思考力の育成などにも役立ちます。
就職の恐怖から逃れられたり、自分の趣味になることもあるでしょう。
プログラミング言語を学ぶことは、多くの可能性を秘めています。
それでも、私は、これより重要な利点があると思うのです。
何度も言っていますが、私はプログラミングを学ぶことによる先見性の獲得だと考えています。

私たちはプログラミングを学ぶことで、社会を知ることができます。
そして、今後どんな動きを社会がしていくのか、考えられるようになるんですね。
無理にやる必要はないかもしれない。
ですが、やっておくことで広がる選択肢を考えると、子どものプログラミング教育を考えても良いのではないでしょうか?